スポンサーリンク

強い支援艦隊を作ろう④46cm連装砲による支援


今日は46cm砲を使った
戦艦の支援火力を見ていきます。

46cm砲は大和型以外が載せると
命中がマイナスされてしまいますが
1門あたり火力+26というとんでもない恩恵を受けます。

火力を取るか、命中を取るかで
提督の意見が分かれますので
いわゆる宗教の域に達します。

よく見かける主砲ガン積み以外ありえませんぞwww
だとか
電探ガン積み以外ありえませんぞwwwってやつですw

このいわゆる論者さん達の言い分、どっちだよとなりますが、
前者は主砲ガン積みにして少しでも火力を上げることにより
装甲の厚いル級やヲ級までも仕留めようとする提督です。

後者は電探により命中をあげることで
駆逐艦や軽巡を確実に始末しようとするものです。

わいわい個人としては
やや主砲論者に傾きます。

せっかく命中してもダメージにならなければ意味ないですからね。
それに命中を高めても外れるときは外れます。
なら、ル級でも片付けてもらい
砲撃戦の事故率低下を試みます。

ここで重要になるのはどこまで火力を上げるのかという点です。
支援艦隊には火力キャップ150が存在しますので
わいわいは反航戦でのキャップ値188に近い火力180を目指します。
火力180を満たせばあとは命中用に電探を装備です。

188オーバーを狙っても良いのですが
ルート計算で伸びが悪くなるため少し好きじゃないです。

それでは46砲を使った場合の支援火力を見ていきましょう。
46.png

素晴らしいですね
金剛型でも反航戦の火力キャップ近くな上に
電探をひとつ積む余裕があります。

同航戦でのダメージ期待でよいのなら電探を2ついけます。

他に特徴的なのは大和型です。
46×1、電探3や
試製46×2、電探2で火力と命中の両方を狙えます

素の火力が低い伊勢型でも46砲を4つ積めば
キャップ値に到達します。
低燃費高火力ですね。
まぁ、当たるかはわかりませんが。

以上のように46cm砲を上手に使うことで
支援艦隊が仕事をするようになります。
あなたも今日から火力増し増しを目指しましょう( ^ω^)ノシ


参考になったら押してくれると嬉しいかも!
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)